So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

COVID-19、無症状でもウイルス量は発症者と同等/NEJM [新型コロナウイルス]

COVID-19、無症状でもウイルス量は発症者と同等/NEJM
キャプチャ.JPG
 中国・広東省疾病管理予防センターのLirong Zou氏らが、COVID-19の患者18例について、鼻と喉から採取したサンプルを調べたところ、鼻で高いウイルス量が検出され、ウイルスの広がり方は、ゲノム配列が類似しているSARS-CoVよりもインフルエンザに近いことがわかった。NEJM誌オンライン版2020年2月19日号CORRESPONDENCEでの報告。(ケアネット 鄭 優子 公開日:2020/02/25)

 本研究では、中国・広東省珠海市で新型コロナウイルス陽性と確認された患者18例について、無症状であった1例を除く17例の鼻腔スワブ72本と咽頭スワブ72本から検体を採取。発症日とウイルス量の相関を連続的にモニタリングした。
 主な疫学的・臨床的特徴は以下のとおり。
・患者の年齢中央値は59歳(範囲:26~76)、男性・女性ともに9例ずつで、うち4例は2つの家族内における2次感染例。
・初めに発症した14例は2020年1月7日~26日までに武漢市帰りで37.3度以上の発熱が見られ、COVID-19と診断された。このうち13例については、CTで肺炎の所見が見られた。その後3例はICUでの治療を必要としたが、ほかはいずれも中程度~軽度の症状であった。
・1例は臨床症状が見られなかったが、発症者との接触7~11日後に採取された鼻腔スワブ(サイクル閾値[Ct]:22~28)および咽頭スワブ(Ct:30~32)から新型コロナウイルス陽性の反応が確認された。
・発症者17例については、発症直後に高いウイルス量が検出された。また、咽頭よりも鼻腔においてより多くのウイルスが検出された。
・COVID-19におけるウイルス核酸の放出パターンはインフルエンザと類似している。
無症候者から検出されたウイルス量は、発症者のウイルス量と同程度であり、無症候者およびごく軽症者からの感染の可能性を示唆している。


nice!(0)  コメント(0) 

ついに証明された、新型コロナは空気感染する [新型コロナウイルス]

 3月9日、「やはり」と言わざるを得ない内容の論文が米医学雑誌に掲載された。
 内容を端的に述べると、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の空気感染はありうる」というものである。
キャプチャ.JPG
 研究論文を掲載したのは『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』という1812年に創刊された世界で最も権威があると言われる医学誌である。
 執筆者は米国立衛生研究所(NIH)やプリンストン大学、米疾病対策予防センター(CDC)などに所属する計13人の研究者で、実際にコロナウイルスを使用して実験を繰り返し、空気感染によって感染は起こりうるとの結論を出している。
 同誌に論文が載ること自体、信憑性の高さを示しているが、執筆者は他の研究者によるさらなる検証を促すなど、医学者らしい慎重な姿勢を示している。
 これまでコロナウイルスの感染経路は主に接触感染と飛沫感染の2つが挙げられており、空気感染は考えにくいとされてきた。
 厚生労働省のホームページでも、「国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられる」と記されている。
 ただ、閉鎖空間や近距離といった環境下であれば、「感染を拡大させるリスクがある」としてきた。
 これは厚労省がまだコロナウイルスを使った感染実験による確かなデータを得てないということでもあろう。
 空気感染は起きないというのが政府の見解である以上、多くの国民は「空気感染はない」と判断してきたと思われる。
 ただ同時に「空気感染もありうる」との思いを、多くの方は心の片隅に抱いてきたかと思う。そのためのマスク着用だったはずだ。
 今回の論文によって今後、コロナウイルスへの対策が少し変わる可能性がある。
 論文の概要(要旨)の重要部分を翻訳したい。

 「生きたコロナウイルスはエアロゾル化後、3時間まで生存することを突きとめた。銅(製物質)の表面では4時間、段ボール上では24時間、プラスチックやステンレス・スチールの上では2、3日の間、同ウイルスは生存していた」
 「(中略)我々の研究結果によって、コロナウイルスはエアロゾルと媒介物によって感染しうるということが判明した」
 研究論文らしい言葉と表現なので分かりづらいが、主旨は「空気感染はありうる」ということである。
 同時に、様々な物質の表面でコロナウイルスは生き続けることも明らかになった。
 論文中にエアロゾルという言葉が出てくる。感染の話をする時などに広義として「空気感染」と解釈されるが、正確には気体に浮遊する液体や固体の粒子を指す。
 コロナウイルスは基本的には体液の中で生きるが、咳やくしゃみなどによってウイルスが空気中に拡散され、地面に落ちないで空気中に浮遊し続けながら生きることが、今回の実験で分かったのだ。
 これが「エアロゾル化後、3時間まで生存する」の意味である。

 しかし、空気感染の可能性が示されても、感染力がどれほど強いかは今回の論文では学究的に示されていない。
 空気感染については2月8日、中国上海市政府が開いた予防と管理に関する記者会見で上海市民政局副局長の曽群氏が、コロナウイルスの感染経路について「主に直接伝播、エアロゾル伝播、接触伝播によって感染している」と述べた経緯がある。
 しかし翌日、中国のWHO(世界保健機関)戦略諮問グループ(SAGE)の感染症専門のメンバーが、「新型ウイルスがエアロゾルによって感染する証拠はない」と否定。
 空気感染の可能性は極めて低くなり、日本でも空気感染はしないとの見方が広がった。さらに前出の曽群氏が医師でなかった点も空気感染の信憑性を低いものにした。
 だが『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の論文により、コロナウイルスが空気感染することがほぼ示された。論文ではこうも記されている。
 「空気中と物質上でのウイルスは安定しており、ウイルスの感染が直接起こりうる。またウイルス保菌者から他者に感染してからもウイルス粒子は生き続ける」
 これまでも接触感染と飛沫感染以外に、空気の流れが淀みがちな閉鎖性の高い空間での空気感染が指摘されてきた。
 ただ今回、医学者による学究的な実験によってコロナウイルスの空気感染が証明されたことになる。
 もっとも、コロナウイルスの感染性はここまでの状況から判断する限り、麻疹のように免疫のない人が同じ部屋にいたらほとんど感染してしまうほど強くはないと思われる。
 ウイルスにはエイズウイルスのように、致死性は高いものの飛沫感染も空気感染もしないタイプもある一方、麻疹のウイルスのように致死性は低いが、感染力が非常に強いタイプもある。
 コロナウイルスは麻疹ほどの感染力は確認されていないが、新型ウイルスであるためワクチンの開発には時間がかかるばかりか、特効薬といえる薬剤はまだない。

 筆者は米首都ワシントンに居住していた時、エイズウイルスの治療薬を開発した医学者についての書籍を執筆した。
 約12年を費やして取材・調査する過程で、ウイルス学や免疫学を紐解いた。
 日本のメディアでは同論文の内容がまだ広く報道されていないが、「コロナは空気感染する」ということだけが大々的に報じられないことを祈りたい。
 中国では収束に向かいつつあるし、日本でも公共交通機関や公共施設で感染が爆発的に広がっているわけではないので、冷静に対応していただきたいと思う。

 堀田 佳男
 【https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00059729-jbpressz-int
nice!(0)  コメント(0) 

インフル「検査せず」も ─ 新型コロナ [新型コロナウイルス]

インフル検査で医師が新型コロナ感染
 症状などから診断
 医師会が検討要請
 キャプチャ2.JPG
 新型コロナウイルスの医師への感染を防ぐためとして、日本医師会は11日、全国の医師会に対し、インフルエンザの迅速診断のための検査を行わないことの検討を求める通知を出した。

 新型コロナウイルスに感染した患者にインフルエンザの検査をした医師が、新型コロナウイルスに感染した事例が北海道で判明。インフルエンザの検査で患者から飛沫(ひまつ)が生じて医師が感染する可能性が考えられるとして、検査はせずに、症状などからインフルエンザと診断することも求めている。担当者は「新型コロナウイルスの感染リスクがあることを患者によく説明して、理解を得ることが大切」と話している。
 【2020年3月12日 朝日新聞・社会 久永隆一】
nice!(0)  コメント(0) 

新型肺炎でイタリア医療崩壊「60代以上に人工呼吸器使わず」 [日々想々]

新型肺炎でイタリア医療崩壊「60代以上に人工呼吸器使わず」

 キャプチャ.JPG
 イタリアで、新型コロナウイルスの感染が急激に広がっている。ジュゼッペ・コンテ首相は、3月9日、北部のみに限定してきた移動制限を、10日からイタリア全土に拡大することを発表した。仕事など正当な理由がある場合のみ、移動が許可されるという。
 イタリアの感染者数は9000人を超え、死者の数は中国に次ぐ世界第2位となっている。コンテ首相は「イタリアの将来は私たちの手にある。私たちは今まで以上に責任を持たねばならない」と宣言した。

 9日、イタリアの保守系メディア『イル・ジョナーレ』に、「すべての患者に挿管はできない。60代以上は無理だ」というタイトルで、ミラノの医師のインタビューが掲載された。
 医師は、現在患者におこなっている処置について、「エイズ用のウイルス薬などを投与していますが、うまく効くかはわかりません。できることは人工呼吸器の挿管です。患者の肺を休ませ、免疫が復活するのを待つだけです」と話す。
 だが、急激な感染拡大により、人工呼吸器が足りなくなっているという。
 「これから挿管する人を選択する必要があります。若い人や、他に症状のない人を選びます。ニグアルダ(ミラノの地区)の他の大病院ではもはや挿管もしません」
 患者が多すぎて、すでに60代以上の患者には人工呼吸器さえ使えなくなっているというのだ。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、9日の会見で「パンデミックの脅威が現実味を帯びてきた」と発言している。感染拡大が止まらなければ、日本でも「命の選別」が現実味を帯びてくる。
 【Yahoo! Japan ニュース 3/11(水) 6:33配信】
nice!(0)  コメント(0) 

抗認知症薬を開始するにあたって(高齢者における留意点)Ver.3

抗認知症薬を開始するにあたって(高齢者における留意点)Ver.3(2019.12.26作成) 【文責:榊原白鳳病院 笠間 睦】
 キャプチャ.JPG

 https://drive.google.com/file/d/1TLI759WKBe_RHw8k85cOl7eQkXu5TeXl/view?usp=sharing


nice!(0)  コメント(0) 

ブログが重い [日々想々]

重いのは広告のせい?

 「設定」で広告表示をOFFにしたが、有料設定での非表示ではないためか広告は完全にはOFFとならず、相変わらずブログは重い。
 
nice!(1)  コメント(0) 

抗認知症薬を開始するにあたって(高齢者における留意点)Ver.2(2018.3.9作成 [抗認知症薬を開始するにあたって(高齢者における留]

抗認知症薬を開始するにあたって(高齢者における留意点)Ver.2(2018.3.9作成)
 【文責:榊原白鳳病院 日本認知症学会専門医・笠間 睦】

キャプチャ.JPG

 本日、公開致しました。
 https://drive.google.com/file/d/1S8RaWiGkEy3Fq-f-mQjF-yAzIsSTp37C/view?ts=5aa2342a
nice!(1)  コメント(0) 

早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.30 [「早期発見 → 告知」が早期絶望とならないように]

早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.30(2018.2.23作成)を公開しました。
 Ver.30.JPG

 https://drive.google.com/file/d/1b_nqeejzElB08U0F-sU4CfDOf7pZRLDa/view?ts=5a8f5be1
 
 以下の情報を追記致しました。

P4:
 ※認知症への見方を変えよう!2018年湘南オレンジカフェ(Shonan サミット)イベントレポート―認知症の予後はよくなっている
 https://www.facebook.com/atsushi.kasama.9/posts/919019421601071
 私が認知症の患者さんやご家族にいつも伝えていることは、認知症の進行スピードや予後は従来に比べてよくなってきているということです。90年代に行われた研究では、抗認知症薬を服用していなくても90年代前半と90年代後半を比較すると、後半のほうが認知症の進行スピードが前半の約半分であるという研究結果もあります。
 これは私たちの認知症に対する意識が変わってきたからだと考えます。認知症の改善のために、ストレスをかけない、できることを奪わないなどのさまざまな工夫をしてきたからなのです。
nice!(0)  コメント(0) 

クイズ:次のうち、Alzheimer型認知症を最も早期に診断できるのはどれか? [アルツハイマー病]

次のうち、Alzheimer型認知症を最も早期に診断できるのはどれか。 【株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題】
 https://www.m3.com/quiz/doctor/pc/?id=mnc&portalId=mailmag&mmp=EB180213&mc.l=275078772
早期診断.JPG

 脳波
 頭部CT
 頭部MRI
 MRS〈MRスペクトロスコピー〉
 シングルフォトンエミッションCT〈SPECT〉


正解
  E シングルフォトンエミッションCT〈SPECT〉

解説
【アプローチ】
 Alzheimer型認知症の早期診断は頭頂葉、側頭葉の代謝が低下することでなされる。

【選択的考察】
A(×):非常に進行して徐波が出現するようにならないと診断できない。
B(×)、C(×):CTやMRIのような形態画像では、よほど進行してからでないと所見が得られない。
D(×):MRSは精度が低く、早期診断には適しない。
E(○):SPECTやPETのような機能画像では早期から所見が得られる。

【essential point】
 CT、MRIのような形態画像で海馬の萎縮など典型的な所見が得られるのは、Alzheimer型認知症としては非常に進行した段階である。それ以前に臨床的に、あるいは機能画像で診断がついていることが普通である。


私の感想
 医師の正解率57%か・・。
 脳萎縮の%に関しては、最近のデータを見かけませんので少々古いデータにはなりますが、以下に10年程前のデータをご紹介しますね。
 2008年4月5日開催のアルツハイマー病研究会にて、松田博史先生が講演の中で以下のようなデータを紹介されました。
 講演用スライド360─脳萎縮の%.JPG
MRIにて萎縮を認める%【私の講演用スライド360】
 軽度アルツハイマー病 : 25%
 中等度アルツハイマー病: 40%


 さて、正解はの「シングルフォトンエミッションCT〈SPECT〉」ですが、問題はその「感度&特異度」ですよね。

朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第411回『脳をみる検査―軽度認知障害はアルツハイマー病に進展するか?』(2014年2月20日公開)
 ひょっとして認知症.JPG
 これまでに何度も繰り返して説明しておりますように、軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment;MCI)はアルツハイマー病(AD)の前段階として注目されている概念です。
 そこで、MCIの患者さんを3年間追跡調査し、ADに進展したケースと進展しなかったケースを詳細に調べ、最初に実施したSPECT検査所見よりADへの進展が予測できるかどうかを調べる研究(J-COSMIC)が2003年より開始され、2010年3月に最終報告が発表されました。
 J-COSMIC最終報告書(著者:長寿科学振興財団J-COSMIC、出版:J-COSMIC)のP25には以下のような記述があります。
 J-COSMIC.jpg
 「ADの予測診断能を算出したところ、感度76%、特異度39%、陽性的中率52%、陰性的中率65%であった。この結果は臨床的な認知症患者にSPECT検査を行えば80%近い確率でADが診断されるとともに、AD様所見を呈するSPECT像が認められてもADではない症例が60%以上存在することが示された。」

P.S.
 J-COSMIC研究においては、軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment;MCI)からアルツハイマー病(AD)への進展は、3年間で45.8%でした。
 特異度が39%と予想外に低く、「偽陽性」が多かったことに関しては、本研究の追跡期間が3年間であったことが一因ではないかと指摘されています。すなわち、4年目以降にコンバートするケースが相当数あるため、特異度が低値になったのではないかと推察されております。いずれにせよ、SPECT検査においては「偽陽性」が多々あることは事実ですので、MCI患者さんにおいてADに特徴的な脳血流低下が確認されたとしても、それだけで安易に「将来アルツハイマー病を発症する確率が高いです」と告知することは慎まなければなりませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.29(2018.2.10作成) [認知症の早期発見を希望に繋げるために]

 早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.29(2018.2.10作成)をアップ致しました。

 https://drive.google.com/file/d/1mDKkzKpwdnUkfR-TMEsYSiQLfv1TInaW/view?ts=5a7e4f91

キャプチャ.JPG
改訂部分(追加部分):
 https://www.facebook.com/atsushi.kasama.9/posts/911618535674493
第111回 レビー小体型認知症診療を再考する(3)―レビー型認知症への薬物療法をどう進めるか【2018/2/9日経メディカル 川畑信也(八千代病院神経内科部長)】

臨床診断基準第4版における薬物療法
 メタ解析の結果からは、リバスチグミンとドネペジルの使用は認知機能や全般性機能、日常生活動作を改善し、さらに改善が見られなくても、服薬している限り、悪化することは少ないとされています。メマンチンのレビー小体型認知症に対する効果は明らかではないようですが、忍容性は担保され、単独あるいは併用療法で効果を期待できるかもしれないと記載されています。ガランタミンに関してはこの診断基準では全く言及されていません。
 
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。